保育士養成専門学校の夜間課程について

保育士になるための養成学校には、四年制大学、短大、専門学校があります。養成学校で規定の科目を履修し卒業すれば、無試験で保育士資格が取得できます。

保育士の専門学校関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

また学校に通わず、国家試験を受けて合格するという方法もあります。


社会人になってから保育士を目指す場合、通信課程などで学び、国家試験を受験することが一般的です。しかし、保育の現場で役立つ実践的スキルやピアノなど実技を身に着けるためには、養成学校に通いなおす方が望ましいでしょう。学校に通って学べば、就職の際もさまざまな支援を受けることができます。

朝日新聞デジタルの優良サイトの情報を公開中です。

大学や短大は入学試験がありますので、専門学校がもっとも入りやすい選択肢になります。多くはありませんが、専門学校の中には夜間課程を開講しているところもあります。

夜間課程の場合、だいたい16時〜21時ごろに授業を行うクラスと、平日はだいたい18時〜21時、土曜日は終日授業を行うクラス、という2パターンがあり、2年制か3年制となります。夜間課程の場合は、保育園を昼間のアルバイト先として紹介してくれるところがあります。
昼間に保育の現場で経験したことを、夜間の授業で再確認できたりと学べることは多く、卒業後はそのまま就職できるケースもありますので、紹介制度があるなら利用するといいでしょう。

また保育実習は昼間に行うことになりますので、職場の理解がないと難しいですが、専門学校から紹介された保育園ならそのあたりも配慮してもらえます。